読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想のアイドル此処にあり。

とにかくキラキラしたものが好きです。

もっと沢山の人に聴いてほしいSexy Zoneの楽曲

 

 

前回は、Sexy Zoneへの入り口について書いたので、今回は、セクゾに興味を持ち始めた人にぜひぜひ聴いていただきたい楽曲を紹介したいと思います。

 

あくまでも個人の意見なので、偏っている部分もあるとは思いますが、どうぞ温かい目で見守ってやって下さい。

 

 

 

 まずは、帝国劇場のジャニーズワールドにて披露された春満開の一曲。

 

「桜咲くColor」(けんしょりマリ)

薔薇園が舞台の キラッキラな神話の世界から現代に迷い込んだ、優美で俗世を忘れさせてくれるような空気感が魅力の組み合わせ。ケンティー・マリーは確実に異世界の住民です。そこに連れて来られたごく平凡な少年の勝利くん(※顔面は非凡)は、二人の魔法で、これまたファンタジーな薔薇王国の皇子に変身しちゃうんです/////

 

 

 

 

 

………と、まあ、曲自体よりも、曲の世界観を語り倒したくなる衝動がもの凄いんですけど、抑えて抑えて………

 

 

曲調は、ザ☆アイドル曲です。サビの振りも可愛くて大好き♡♡♡

 歌詞だけ見ると、意外にも、恋をリードしてくれる男性って感じがまた♡♡♡

 

作詞・作曲をされたのは、井手コウジさん。

Bonnie Butterfly(KinKi Kidsの中で私が一番好きな曲)とVanilla(A.B.C‐Zの中で一番好きな曲)の生みの親という素晴らしい才能をお持ちの方!!!!!

 

 

お願いします、衣装さん!!!オリジナルの衣装作って!!!

 

ピンクのスパンコールたっぷりの短めナポレオンジャケットにリボンタイを結んで、下は、白いパンツに貴族風の膝丈ブーツね!!!(指定が細かすぎる)

 

f:id:szstsr:20160828151741j:image 

王族感が強すぎるマリウス様〜〜〜~~

 

 

 

 

 

「シーサイド・ラブ」(ふまけんしょり)

THE☆夏恋!!!!!って感じの一曲

映像が綺麗で爽やかさ満載で、1番好きなMVです。

えっっっっっ!?!?!?文章だけじゃイマイチ伝わり切らないって!?!?!?

しょうがない……

そんなこともあろうかとこの一枚をご用意いたしました~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:szstsr:20160828145737p:image

 

ぬわわわわわわわわわわああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんんんん~~~~~~~~~~

 

前髪の靡き具合プライスレス☆☆☆☆☆

 

 

悔やまれるのは、悪名高き3人体制時に作られたことだけ………

 

メンバーもお気に入りの曲だと思うので、これからも様々な現場で歌い継いでほしいです!!!!!もちろん5人でね(^v^)

 

 

 

 

 

「Electrick Shock」(ふまけん)

ケリーさんというGAMEやrouge(風磨ソロ)を手がけられた方による一曲。

知らなかったんですが、この方、セクゾのWith youで作詞家デビューされた方なんですね!!!!!(興奮)

 

この曲は、一時期ネット上で、演出やダンス、二人の距離感にクレームや注文が飛び交ってプチ騒ぎになりました~~~~~

でも、それって、二人に対する期待値の高さを物語ってますよね!!!

 

私は、日程が合わず、滝涙を流しながら、春のWelcome to Sexy Zone Tourに参戦できなかった残念な奴なんですけど、少クラのパフォーマンスを見る限り、確かに物足りなさを感じてしまいましたね……

 

ヲタ的にはもう少し濃厚な(?)絡み合いが欲しい所ですが、じれったい距離感も逆に興奮してしまいます/////(結局)

 

ケンティーの「気絶するくらいの反応見せてSexy」の部分は、イヤホン✖フル音量がマストです!!!!!

 

 

 

 

 

「Love Confusion

みんな大好き、椅子を使ってのパフォーマンス。

 

もうSexy Zoneさん、大人の階段を二段飛ばしで駆け上がっていくから、おばさんたち付いていくの大変!!!(嬉しい悲鳴)

 

前述の通り、ウェルセクコンに参戦できなかったもので、生では拝見できてないんですけど、レポ読んでたら、あまりの自担の手担の方の多さにびっくりしました(笑)

 

何でも、健人先輩は、椅子を愛する女性に見立てて扱っているらしいんで、どちゃくそエロイ/////

 

 

 

 

 

「4Seasons」

振り付けがちょっと新鮮な感じなんですけど、特にサビの部分のケンティーが、それはそれは楽しそうに優雅に可憐に踊るので必見です!!!!!

 

長めの間奏のダンスもSo cute♡♡♡なので、これは絶対にSexy SecondコンのDVDで楽しむべき一曲です。

 

 (ちなみに、この時、とても難しいペンライト芸を要求され、可愛い我が子のためなら、と会場のヲタクは一肌脱いで必死に色を変えてたんですけど、曲終わりにホットするヲタクに向かって、勝利ちゃんが「綺麗だったよっ、ありがとうっ!」っていう何ともペロい一言を放っています(笑))

 

 

 

 

 

「君と・・・Milky way

はい、名曲きました。

他のジャニタレやJr.からも好きな曲として挙がることの多い曲です。

白い衣装✖ ケンティーの弾き語り✖ドライアイスと言えばこの曲!!!笑

すっかり大人っぽくなった彼らが、しっとりと歌い上げる姿も必見なんですけど、私的には、まだまだショタの頃の彼らが満天の夜空を幸せそうに眺めながら口ずさんでいる姿が悶絶級に好きです!!!(鼻息)

 

 

この曲と合わせて、そばにいるよ(Sexy Secondに収録)もお聴き下さい。。。

 

 

 

 

 

ここからは、未披露曲です~~~

 

 

「レディ・スパイシー」

この曲、 温存しすぎな件。

唯一、ケンティーがソロコンでギター&スタンドマイクで披露しただけ。

 

言わずと知れた名曲製造マシーン(by私)、堂島孝平さんによる作品です。

いや~~~ジャニヲタさんの中に、堂島サウンド流れてきてもテンション上がんない人います?????

キンキ兄さんへの楽曲提供で有名ですが、これからもどんどんジャニ曲を製造していただきたい所存であります( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

 

 

ここでも、僭越ながら、お衣装の指定させて下さい。

 

セクゾちゃんったら、すっかりスーツがお似合いの立派な殿方におなりになったので、ここは、ビシッとスーツでお願いします!!!!!

 ネクタイきっちり結んだ黒スーツ(ビロード生地ならなおさら◎)で、胸ポッケにメンバーカラーのハンカチーフと薔薇を覗かせて、靴だけは少しインパクトのある、スパンコール鬼盛りの白い革靴。

そしてマストなのが小さめの羽根付きハット(ふうマリ着用)と王冠(けんしょりそう着用)です。

薔薇は、間奏で加えた後、投げましょう(笑)

 

過去の雑誌のお衣装が参考になりますね〜〜〜〜〜

スタッフさんも、見目麗しい彼らに、いろんなコスプレさせたくなりますよね、ものすごく分かります(鼻息)

 

f:id:szstsr:20160828150940j:imagef:id:szstsr:20160828150721j:imagef:id:szstsr:20160828150800j:imagef:id:szstsr:20160828151201j:image

 

あっ、仮面って手もあったか……!!!!!

妄想が膨らみます/////

 

この曲だけ、圧倒的な力の入りようなんですけど許して下さい、大好きなんです!!!!!!!!!!

 

何なら、全員ハタチ超えて一発目に行うコンサートは、レディ・スパイシーで幕開けとか期待してますよ(/ω\)(/ω\)(/ω\)

 

 

 

 

 

「Miss Mysterious」

兄貴!!! ふまけんから始まる曲にどうでもいい曲なんてねぇっす!!!!!

(※GAME、ベイサイドエレジーその他もろもろ参照)

このシンメは、なんて色気ある魅力たっぷりな声で歌うのさ!!!けしからんぞ!!!!!

 

そんでもって、堂島作品キターーーーー!!!!!

歌詞のすんばらしいこと!!!!!

こういう曲がどんどん増えていくと、セクゾゃんの成長をひしひしと感じられて◎

 

ってか、彼らに、ちょい悪な大人の女性を歌わせる傾向がよきかなよきかな。

 

 

 

 

 

「2020come on to Tokyo」

この曲は、カップリングです。

発売当初は、かなり気が早いな、オイと思わず突っ込んじゃいましたが(汗)

やはり、今の今まで温存されております(涙)

 

何と言っても、松井・馬飼野コンビによる傑作ですね!!!!!

 

過去には、勇気100%、風をきって、Just今しかない、Shout!!、Keep The Challengeなどがあります。

 

基本的に、明るくてピースフルで元気いっぱいの曲をセクゾちゃんに提供されるコンビですね(合掌)

 

4年後に、国立競技場で鮮やかな衣装を纏って人々を魅了する5人を想像するのは気が早いです?????いえいえ、言霊言霊!!!!!

 

 

 

 

 

「無邪気な時間は過ぎやすく」(ふまけんしょり)

……………タイトルからしてエモーショナルすぎません?????

 

彼らの4枚目のアルバム、Welcome to Sexy Zone (今年2月発売)を買って、初めて聴いたとき、ありきたりな表現なんですけど、胸がギューって締め付けられました。

 

3人の切ない歌声と歌詞がリンクして、衝動的に夕日が沈む直前の海岸線を思い浮かべていました。

 

ボーナストラックなのが憎いぜ!!!!!

 

これ、絶対、5人で披露してね?いい?約束よ!!!!!(真顔)

 

 

 

 

 

アイドル曲を毛嫌いする方ってけっこういらっしゃると思うんですよ。でも、それは、何も知らない見たことがない状態から、ただ曲だけを聴いているからなんじゃないかなと思うんです。

 

だから、ぜひともパフォーマンス込みで聴いてください!!!!!

 

そしたら、きっと頭の中に残像が形成されて、次、聴くときからは絶対に脳内コンサートが開催されることでしょう(確信)

 

腕が勝手にペンラ振ってますよ~~~~~?????笑

これが醍醐味なんですよね~~~~~

 

 

 セクゾ5人に共通して言えるのは、魅せ方の上手さ!!!!!

 

ケンティーがセルフプロデュース・モンスターだから、他の子が埋もれがちなんですけど、5人とも個性を持ってて、格段とSexyになってます/////

 

ダンスが揃ってないと言われることもありますが、揃いすぎも味気ない時がありますよね。

その加減って本当に難しいけど、さらなる成長が楽しみでもあります。

 

あと、歌唱力も高いです。比べられるものじゃないですけどね。

 

何と言っても、ふまけんの似てそうで絶妙に違う声質が最大の武器です。

ハモリとかユニゾンとか一聴の価値あり!!!!!

 

 

今後は、よりメリハリあるパフォーマンスが期待できそうですね~~~~~

5人には無限の可能性しかないぞ~~~~~!!!!!